saki
ダークニルシャンプーはどれがおすすめ?
ダークニルシャンプーを使えば、白髪を黒髪に戻るの?
ダークニルシャンプーは市販されてる?

白髪ケアで徐々に人気が出始めている新成分「ダークニル」。

ダークニル成分が配合されたシャンプーを使えば毛穴から生える白髪を黒髪に戻すことができるので白髪の根本的な解決が可能です。

ここでは、そんなダークニルシャンプーのおすすめランキングをご紹介します。

結論
2020年現在、ダークニルシャンプーで1番人気なのはクレムドアンブラックシャンプーです。ダークニル成分で白髪を黒髪に戻すだけではなく、炭の吸着力で頭皮の汚れを浮かして落とし、頭皮のベタつき、臭いを改善します。今なら1日66円でお試し可能です。

ダークニルシャンプーの効果は?

ダークニルシャンプーに配合されている「ダークニル」という成分は白髪を自発的に黒くさせる黒髪ケアに嬉しい新成分です。

  • 白髪が生えている部分の毛根にメラニン色素の形成を促す
  • 毛根の幹細胞を刺激して増殖させる
  • 抗酸化作用で頭皮や毛根の酸化ストレスを軽減しメラノサイトを保護する

これらの効果で白髪を黒髪に戻すシャンプーとしても人気があります。

ダークニルの効果
実際にダークニル成分を使った実験では4ヶ月後平均-17%の白髪減少効果が確認されています。

白髪染めもヘアカラートリートメントも一時的に白髪を染めるだけですが、

ダークニルシャンプーなら髪が生えている毛穴から自分の黒髪を生やすことができるので根本的な白髪対策が可能です。

ダークニル配合おすすめシャンプー

クレムドアンブラックシャンプー

クレムドアンブラックシャンプーは2020年に発売が開始された新しいダークニルシャンプーです。

ダークニル×ヘマチン×メリタンのトリプル効果でメラニンを改善し、白髪が生えている毛穴から黒髪を生やしてくれます。

さらに白髪染めやヘアカラーの持ちもよくしてくれるので白髪染めをする手間、コストが浮くメリットもあります。

セルフで白髪染めを繰り返すと髪にダメージが蓄積しますが、クレムドアンブラックシャンプーは毛根を傷めることなく本来の黒髪ケアをしながら傷んだ髪をしっかりと補修してくれるのが特徴です。

ヘアカラーではなくトリートメントなのでお風呂場や洋服、枕が汚れることがないのも嬉しいポイントです。

ダークニルシャンプーのメリットは?

ダークニルシャンプーのメリットはたくさんあります。

  • 白髪を根本的に解決する
  • 白髪染めで傷んだ髪を補修してくれる
  • 薬剤を使わないから頭皮が弱い方でも使える
  • 若白髪にも効果的
  • 手が汚れない
  • 浴槽を汚さない

ダークニルシャンプーは白髪染めやヘアカラーのように上から被せて白髪ケアをするわけではありません。

なので部分によって色が違う思ったのと違う仕上がりになってしまった…、髪がパサパサでしょうがない…といった白髪ケアあるあるを避けられます。

薬剤を使用しないので髪や頭皮を傷めることもなく、敏感肌の方でも白髪ケアが可能です。

またシャンプーなので白髪ケア以外にも頭皮の汚れや乾燥、髪のパサつき、うねり等も解消してくれます。

すでに白髪が生えている部分には黒髪を生やし、まだ黒髪の部分はこの先白髪になるのを予防してくれます。

ダークニルシャンプーにデメリットはあるの?

ダークニルシャンプーの欠点は白髪⇒黒髪になるまでに時間がかかること。

直接色を髪に被せるわけではないので、白髪を黒髪に戻すまでに数ヶ月単位で時間がかかります。

ですが白髪染めのように一時的な解決ではなく、根本的な解決になるので使い続けることで将来的に白髪染めやヘアカラートリートメントを使う必要がなくなります。

ダークニルシャンプーは市販されてる?

2020年現在、ダークニルは新成分なのもありこの成分を配合したシャンプーは市販されていません。

ヘマチンやメリタンを配合したシャンプーは市販されているものの、ダークニルシャンプーの市販化はまだ先と言えるでしょう。

ドラッグストアでの購入は難しいのでダークニルシャンプーの購入はネットが便利です。

まとめ:おすすめダークニルシャンプーで美髪を手に入れよう!

ダークニルシャンプーは黒髪に欠かせないメラニン色素を増やす新成分「ダークニル」が配合された新しいタイプのシャンプーです。

白髪染めやカラーリングで上から被せて白髪ケアをするのではなく、毛根から自分の黒髪を取り戻すシャンプーなので白髪染めやカラーリングを使いたくない方、根本的な白髪改善をしたい方にピッタリです。

通販で購入できるクレムドアンブラックシャンプーは初回1,980円と1日にあたり66円で白髪ケアができます。

無理な継続縛りはないので、1ヶ月間まずはお試し気分で使ってみてはいかがでしょうか?